沿革

1983年4月1日
(昭和58年)

(故)後藤春市が埼玉県大宮市(現在のさいたま市)に事務所を借り、(株)三技協 仙石秀男殿のご紹介により、株式会社関電工埼玉支店工務課殿の協力会へ、後藤電設有限会社を設立。

1984年2月
(昭和59年)
東京電力株式会社埼玉支店様管内の電話機と交換機の保守を主に行う。
1984年2月
(昭和59年)
埼玉県上尾市((故)後藤春市自宅)に事務所移転。
1987年2月1日
(昭和62年)
埼玉県上尾市領家に新事務所を新築。
「株式会社埼玉三技協」に社名変更。
三技協グループの関連会社と成り、電話保守及び電話工事・通信機器点検工事・モバイル工事へと業務拡大。
2000年6月1日
(平成12年)
東京電力株式会社埼玉支店様管内の保守エリア変更に伴い、日本フィールド・エンジニアリング埼玉支社様より保守業務受注。
2004年4月1日
(平成16年)
~2013年4月1日

NECネッツエスアイ株式会社様の協力会社として認定頂いた。

同年750平米の敷地を確保し、新事務所(倉庫)新築し受注拡大を測り現状の御客様となった。

又、埼玉県信用金庫より埼玉総研をご紹介頂く。

2015年12月
(平成27年)

プライバシーマーク新規取得

2017年5月
(平成29年)

「健康宣言」をして全国健康保険協会 埼玉支部(協会けんぽ)と協力して従業員の健康づくりに取り組む。

2017年12月
(平成29年)

プライバシーマーク更新(2期目)。

2018年6月
(平成30年)

全国健康保険協会 埼玉支部(協会けんぽ)より「健康優良企業」に認定。